婚約指輪は手作りといったこだわりを実現|結婚のWISH

リング

選び方にみる指輪の特徴

冠婚葬祭

結婚していることを示す指輪であり、家族の絆を表すものなので、結婚指輪を選択するときはできるだけシンプルなものを選ぶべきとされています。それは、結婚指輪はずっとつけ続けるものなので、日常生活が送りやすいように過度な装飾をしたアクセサリーは避けるというセオリーがあるからです。そして結婚指輪の歴史から考えてみても、かまぼこ型の金のリングがスタンダードであるということから、シンプルなデザインが結婚指輪にはふさわしいといわれてきたのです。結婚指輪は婚約指輪よりは少し安く、二つで20万円前後というのが相場です。派手で今を代表するデザインは個性的で進歩的ですが、かえって時代が進んでくると時代遅れになることがあります。高い値段をかけたものがそんなすぐに飽きてしまうものだととてももったいないので、飽きの来ないデザインが求められるのです。

最近は婚約指輪と結婚指輪を一緒につけるという人も増えてきています。婚約指輪は豪華なダイヤが施されていて、しまっておくのには勿体無いです。着飾った服装を職業としている人なら、むしろ婚約指輪を付けた方が指のお洒落になるというのでダブルづけする人もいます。結婚指輪はこのように婚約指輪とダブル付けできる様なデザインを選ぶという工夫もあるのです。そして、二人でつけるものなので、結婚指輪は男女が両方納得できるようなものにする必要があります。結婚後、指輪をつけなくなったという男性はとても多いので、サイズが合わなくなったら作り変えることができるといった特別なサービスを施してくれるお店が便利に利用できます。