婚約指輪は手作りといったこだわりを実現|結婚のWISH

リング

型で選ぶドレス

ドレス

花嫁は結婚式の主役です。主役にふさわしい衣装を着けるべきですが、伝統的に花嫁衣装というものは誰よりも目立つようにできています。周囲の人も花嫁のために白い衣装を着けることは控えてくれているので、自然と目立つはずです。そうはいっても、ウェディングドレスを選ぶときはいろいろ考えて迷ってしまうものです。一番ウェディングドレスで迷うときといえば、それは自分の体型に合わせるときです。素敵なドレスでモデルが着けているのを見ても一番ゴージャスに見えても、自分が着用したら何故か似合わないということがよくあります。それは、体型がそのドレスを着ければ一番良い体型の人とうまくマッチングしていないということが理由です。

ドレスにはいろんな型があります。それはスカートと胴部分の組み合わせによることもあります。ウェディングドレスを選びに行く前に、あらかじめどんな型がどんな体型に合っているのかを調べることはとても大事なのです。例えばウェディングドレスは肩が大きく開いたネックが特徴であり、そのためにデコルテラインのエステに通う人もいるほどです。このネックや袖も体型によって合わせて選べます。Uネックはどんな体型の人にも合いますが、Vネックは体型が太めで胸が大きい人に合います。そして、袖が無いビスチェタイプも二の腕が太めな人が合っているといえます。スレンダーな人は縦のラインをより強調するものが良く、スカート部分にはスレンダーラインやマーメイドラインを選ぶとより華やかさが演出できるといわれています。